ベルブランはニキビ跡だけではなく美白にも効果あり?

私たちの肌には菌や紫外線など外部の刺激から守るためにバリア機能を持っています。
この機能は肌にとって非常に重要な役割を果たしていますが、美容成分の浸透も防いでしまうのです。
そこでベルブランはバリア機能と相性の良い油溶性甘草エキスをナノ化させることで、美容成分の浸透力を高めることに成功しました。
これにより、ニキビの悪化や潰れたニキビに効果があるグリチルリチン酸2Kや保湿成分がよく浸透するので、効率よくニキビを改善させることができます。
また、ベルブランには美白効果のある医薬部外品成分トラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキスが配合されているので、できてしまったニキビ跡にも効果を発揮します。

 

ベルブランの美白成分カモミラエキスとは?

ベルブランに配合されるカモミラエキスは、他の美白化粧品やスキンケア化粧品でも採用されている成分で、特別に珍しいものではありません。
カモミールやカミツレエキスとも呼ばれている成分で、キク科のカミツレの花から抽出されたエキスとなります。
含まれる成分はアズレン、カマズレン、タンニン、アミノ酸などで、昔から薬用に使用されてきた歴史があり、血行促進や収れん作用、抗炎症、保湿効果があると言われています。
メラニン色素の生成を抑える働きが高いことから、シミやソバカスによる色素沈着を抑える効果が最も重要視されています。
また、ハーブの一種であることから刺激がほとんどないため敏感肌の人でも利用することができ、その安全性の高さから様々な化粧品で使用されます。

 

ベルブランの美白成分アーティチョークとは?

ベルブランに含まれる8つの美白成分のうち、アーティチョークというエキスがあります。
このエキスはキク科の多年草で地中海を中心に自生する植物で、和名をチョウセンアザミと呼び、食用にも利用されるものから抽出されます。
エキスにはシナロピクリンと呼ばれる成分が含まれていて、毛穴を開いて黒ずみを改善する効果があると言われています。
また、メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、肌のバリア機能を付与して紫外線からのダメージを防ぐ役割を持っているようです。
元々食用で利用される植物であることから、肌への親和性は高く低刺激で敏感肌の人でも問題なく利用できるという利点を持ちます。
現在ではベルブランだけでなく、様々な美白化粧品やスキンケア商品に利用されている成分です。

 

ベルブランは肌の美白にも効果あり!

ベルブランは色素沈着したニキビ跡にも効果があることから、美白効果にも期待のできる美容液です。
ニキビ跡のシミなどはメラニン色素が角質層に沈着することで起こりますが、肌の色黒の原因ともなります。
ベルブランに配合されているトラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、カモミラエキスの3つの成分は、メラニン色素の生成を抑えてシミの原因となる色素沈着を予防するのに役立ちます。
また、メラニンが活発化する原因となるエンドセリンを抑制する働きもあり、加えて肌への刺激が少ない成分でまとめていることからメラニンが発生するのを抑えてくれます。
その他の成分も色素の生成を抑える働きがあり、継続的に使用することでお肌が美白になるのを助けてくれます。

 

ベルブランでニキビを治しながら美白ケアしよう!

ベルブランは、ニキビのケアに取り組むにあたり、とても使い勝手の良いアイテムとして扱われることがあり、ここ数年のうちにリピーターの数が増えてきています。
特に、美白成分の特徴について興味を持っている場合には、効果的なスキンケアのポイントを早いうちから把握することがテーマとなりつつあります。
近頃は、肌質の改善に役立つ方法に関して興味を持っている時に、ファッション誌や美容雑誌などの媒体を活用する女性が目立っています。
そこで、ベルブランの美白成分のメリットやデメリットをじっくりと比較するにあたり、より多くの人の意見をチェックすることや、大手のメーカーのオペレーターに助言を受けることがとてもおすすめです。