ベルブランは今あるニキビにも効果があり!

ベルブランは薬用ニキビケア化粧品ですから、今あるニキビにも効果があります。
無添加、医薬部外品の日本製ニキビケア化粧品です。
ニキビによるシミを解消しながらニキビの予防、改善もできる商品です。
徹底的に成分を角質まで浸透させる導入と美白効果にこだわりながら、グリチルリチン酸2K配合で、ニキビの悪化を抑え、これからできるニキビも徹底的にケアすることができます。
しっかり保湿ができますので、大人ニキビの予防や改善にも効果が期待できます。
これからできるニキビも、いまあるニキビも、残ってしまったニキビ跡にも、大人ニキビにお悩みの方も、思春期ニキビにお悩みの方も、ベルブランならすべてのニキビケアに対応していますので安心して使えます。

 

化粧水・美容液に配合されているニキビケア成分

ニキビが繰り返しできたり、治る過程で潰れてしまったりするときに効果的なのがベルブランです。
これから新しく発生するのを抑えながら、今までのニキビ染みにも働きかけてくれます。
中でも注目されている成分は、ニキビケア用の化粧水や美容液に配合されているグリチルリチン酸です。
強い抗炎症作用にて、赤くポツンと腫れている状態から悪化していくのを防いでくれる効果があります。
また、ニキビは潰れてしまうと組織が刺激を受けて色素沈着が起こる可能性も高くなりますが、そうなる前に肌を守ってくれる効果も期待できます。
ニキビの状態によってはコンシーラーやファンデーションなどで隠せないことも多く、化粧成分でさらにひどくなることもあるため、こういった配合成分の力できれいな素肌を取り戻すことが大切です。

 

ベルブランにはグリチルリチン酸2K配合でニキビを撃退!

ベルブランには、グリチルリチン酸が含まれています。
グリチルリチン酸には、ニキビの炎症を抑える効果があるだけではなく、触って潰れてしまったニキビの悪化を防いだり、ニキビ予防にも効果、また抗アレルギー作用があると言われています。
特に額や頬に出来やすい、赤ニキビの炎症を抑える効果が高く、その効果に期待ができます。
グリチルリチン酸は、漢方の原料にもなっている甘草由来の天然成分なので、肌が荒れがちな敏感肌の方や肌が弱い方でも安心して使うことができます。
化粧品の場合、使用できるグリチルリチン酸の量が決められている為、目立った副作用などはありません。
ステロイド様作用があるとも言われていますが、ステロイド剤とは全く違います。

 

ニキビ跡ケアとニキビケアは同時進行で!

ニキビのケアは、より顔を美しく見せたいという女性にとって非常に大きな悩みとなりうるものです。
これらのケアとして有用なアイテムとして話題になっているものの一つに「ベルブラン」がありますが、これらニキビのケアにおいてセットにしてとらえておきたいものが「ニキビ跡ケアとニキビケアを同時進行にする」ということです。
ニキビのケアには時間がかかるため、効果を実感できる前にやめてしまう、という人もいるかもしれませんが、肌を大切にしたスキンケアという意味でニキビ跡ケアとニキビケアには共通する点が多くあります。
まずはベルブランの使用方法をしっかりと理解し、ニキビケアに必要な知識を付け、効果的なケアを続けていきたいものですね。

 

ベルブランは毎日のニキビケアに使える化粧品なのか?

ベルブランはニキビの赤みが残ってしまったり、毛穴が気になる部分に直塗りできる化粧品です。
色素の沈着を解消する甘草エキスやトラネキサム酸などの栄養成分が角質層に働きかけて透明感のある肌へと導いて、炎症を抑えるグリチルリチン酸2kがニキビをしっかりと抑えてくれます。
トラブルが発生しやすい敏感肌でも安心して使用できる無添加化粧品で、ニキビができやすくなる鉱物油やバリア機能を低下させるような石油系界面活性剤は配合されていません。
セラミドやヒアルロン酸などの保水効果のある栄養成分もしっかり補給できるので、ニキビ対策をしながら潤いのある肌づくりが可能です。
潤いに満たされて乾燥に負けない肌になってくると、過剰な皮脂分泌が抑えられるのでニキビができにくい滑らかな肌に近づいていきます。